これがプレミアムサービス (インターコンチネンタルホテル クラブラウンジ)

【シンガポール・ジャカルタ出張レポート その2】

バクテーをモリモリ食べてホテルに戻ったところで2階のクラブラウンジへ。

インターコンチネンタルホテル シンガポールではクラブラウンジアクセスの付いた部屋に宿泊者向け(プレミアムなお客様向け)に利用可能なラウンジが用意されています。

カードキーをかざして入室すると中国文化とマレー文化の交わるシンガポールらしい趣きにあふれた瀟洒で落ち着いた空間が広がっています。

0718ClubIC-4

笑顔のスタッフさんにに誘導いただきラウンジ中央のソファーに腰かけ、社長は紅茶を自分はコーヒーをオーダー。
紅茶とコーヒーが運ばれてきたところで、上述のクラブラウンジの仕組みを中村社長から解説いただだきます。
アフタヌーンティーではケーキなどが食べられ、イブニングカクテルではビールやワイン、カクテルなどのドリンクだけでなくオードブルもあるのでここで夕飯も済んでしまうとのこと。

6

さらには並んでいるフルーツやクッキーの視察に行っている間にケーキセットまで準備していただけるというサービスの充実ぶりに、僕もバクテー腹ながら「ケーキも全部食べるぞ」とスイーツ男子ばりの笑顔を見せつけます。

5

文句なしのサービスで「このホテルに宿泊する際は、クラブラウンジが利用できる部屋に宿泊することをお薦めする」わけですが、これがプレミアムサービスの本質と身をもって感じます。

我々であればKUSANAGIフルマネージドサービスが宿泊プランであり、SI(サイト構築、機能開発)がクラブラウンジにあたります。

我々のサービスに「価値あり」と認めてくれている顧客に対し、さらに価値の高いプレミアムサービスを提供することで満足度をあがり継続してご利用をいただける、また前述のように「推薦」いただけます。

これは顧客とサービス提供側がぶつかり合うような関係ではなく、関係者がみなハッピーになる循環です。

そしてむしろ顧客はケーキを残してしまったことに申し訳ない気持ちにすらなるものです。ごめんなさい。

インターコンチネンタルホテル シンガポール
https://goo.gl/maps/QMaBDnfFCWn

病みつき!中毒注意!バクテー(黄亜細肉骨茶餐室 ラングーン店)

バクテーはシンガポール3大ローカルフードにも挙げられる人気料理で、豚のスペアリブなど骨付きの肉を煮込んだ料理です。

黄亜細肉骨茶餐室 ラングーン店はそのバクテーをはじめローカルフードが食べられる、現地の方にも人気のレストランです。
このエリアには他にもバクテーが食べられるレストランはありますが、中村社長の「世界一のバクテーが食べられる」との評価に期待が高まります。

1

おなかもペコリとなったところで、さっそくお目当てのバクテーとサイドメニューの煮卵も注文。

2

まずはスープ。

スパイシー!!

そして骨付き肉から出た濃厚なうまみがガツンと追いかけてきます。
日本人なら「このスープにライスを入れたい」という衝動に駆られること間違いなく、メインのお肉に行く前にスープとライスのラリーが止まりません。

お肉は骨付きスペアリブの存在感そのままに食べごたえ十分。
スパイスだけでなくハーブの香りも食欲をそそり、言わば中毒性のあるうまさ。
予想していた八角などの漢方っぽい気になる匂いもなく、台湾料理にケチをつけた大島のパパさんも間違いなくうまいというでしょう。
そなえつけの甜麺醤的な醤油のソースにつけてもまた違ったおいしさがあります。
サイドメニューの煮卵もやさしいお茶の香りがスパイシーなスープとマッチします。

3

普段のお仕事では見られない集中力と不自然な笑顔で一気に食べた後はお肉の一片からスープからキレイさっぱりとなくなりました。

4

シンガポールの食事に間違いなく行くべき!のお店です。

黄亜細肉骨茶餐室 ラングーン店
https://goo.gl/maps/Dr2W4XPRw3N2

小保方さんのWebサイト(https://stap-hope-page.com/)が閲覧できるようになったので調べてみた

「STAP細胞はありまーす」の小保方さんがWebサイトを開設し、STAP作成手順を公開しているとのことが31日にニュースとなりました。
さらにそのサイトがWordPressならびにBizVektorで作成されているとのことで、にわかにWordPress業界もざわついております。

さっそくそのサイト(https://stap-hope-page.com/)にアクセスしてみましたが、何度アクセスしても閲覧できない状況。氏の代理人からの発俵によると「世界中67か国から、昨日、(アクセスが)殺到しまして、今止まっている状態。」とのこと。
どれだけ強力なパフォーマンスを発揮できるサーバーか気になりますので、ようやくアクセスできました4/2に調べてみました。

WordPressバージョン

https://stap-hope-page.com/readme.htmlを拝見するとver4.4.2をご利用です。

トップページ表示スピード

Firefoxのアドオン「Firebug」で見てみます。
数回アクセスした際の平均応答秒数は1200ms。装飾もほとどないサイトですが、WordPressのデフォルトテーマとくらべても500ms以上遅い状況です。現状でもまだアクセスが集中しているのでしょうか。

※ちなみにWebサーバーはnginxをご利用のようです。

キャッシュなしページの表示速度

WordPressの検索結果表示ページでの速度を見てみます。/?s=×××××××でアクセスした際の平均応答秒数は1630msという結果。フロントに検索ボックスを設置しなかったのは正解といえるでしょう。

1秒あたりのレスポンス数

Apache Benchにて1秒あたりのレスポンス数を確認します。

結果はRequests per second: 4.84 [#/sec] (mean)ということで、ニュースで取り上げられた31日は到底耐えうるパフォーマンスではなかったと思われます。

それではどこのサーバーを利用されているか見てみます。

IP

Firebugから185.62.236.220であることがわかります。

どこのサーバーか

185.62.236.220をブラウザに入れてみるとhttp://185.62.236.220/cgi-sys/defaultwebpage.cgiが表示されます。
まさかのレンタルサーバーをご利用のようです。
表示されたページからSiteground社(https://www.siteground.com/)というサーバー会社のようです。
サイトを見ると月額$6.95のWordPressサーバーホスティングサービスもあるようですが、これを利用していないことを祈るばかりです。

whois

whoisで調べてみます。

見慣れない結果が返ってきました。

ブルガリア支社の方が設定されたサーバーのようです。サーバー自体はシンガポールにあるようです。
英語で書いていらっしゃいますので、日本よりも欧米の方に見ていただきたいサイトという意図でしたらアジアでないエリアに置かれたほうが良いかと思います。(レンサバだと場所は選べないか)

以上から
・サーバー性能の改善
・地理的最適化
・キャッシュの利用
など改善を行うことでより多くの方に見て頂けることがわかります。
当方、超高速WordPress仮想マシンKUSANAGIを用いたフルマネージドサービスを提供しております。
小保方さん、そのスタッフのかたお気軽にご連絡ください。