Microsoft AzureのVM DEPOTに仮想イメージを追加する

すでに作成されている仮想イメージをVM DEPOTに追加する方法についてまとめます。

自身のローカル上にある仮想マシンのパスを確認

この際、併せてそのマシンがシャットダウンしていることを確認します。

ひもづけるストレージを作成

自身のMicrosoft Azure管理ポータルにて、追加する仮想マシン用のストレージを作成します。

  1. 左メニュー「ストレージ」をクリック
  2. 新規 「DATA SERVICES」→「ストレージ」→「簡易作成」
    => URLなどの情報を設定し、アカウントを作成します。
  3. 追加したストレージをクリック
  4. 「コンテナー」をクリック
  5. 「コンテナーを作成する」をクリック
  6. 名前を入力し、「パブリックBLOB」を選択

仮想マシンをローカルから自身のMicrosoft Azure管理ポータルへ転送する

Azure Power Shellを使って仮想マシンを自身のMicrosoft Azure管理ポータルへ転送します

  1. Azure Power Shellをひらく
  2. アカウントへログイン

    と入力すると、Microsoft Azureのログイン画面が表示されます。ユーザー名とパスワードを入力しサインインします。
    サインインが完了するとPower Shell画面へ戻ります。
  3. VHDファイルをストレージアカウントに追加する(転送する)
    下記のように入力します。

    (※1)自身のローカル上にある仮想マシンのパス
    (※2)追加作成したストレージコンテナーのURL/作成するvhd名

  4. 自動で内容のチェックがスタートします

VM DEPOTへの登録

  1. VM DEPOTにアクセスし、ログインします。
  2. 右上部の「PUBLISH」をクリック
  3. フォームに必要な情報(最低限必須情報)を入力します。
    (1)Image name欄に当該仮想マシンイメージ名を入力します。
    (2)Image description欄に簡単な説明文を入力します。
    (3)「URL of the VHD file to publish」欄には先ほど転送追加したVHDファイルのURLを入力します。Microsoft Azureの管理ポータルで追加したストレージのコンテナーを開き、当該コンテナーの名前をクリックします。
    追加登録したVHDファイルが表示されますので、URLをコピーしてフォームへ入力して下さい。
    この際にURLはhttpとすることに注意します
    (4)Regions欄は適当なエリアを選択します。
    (5)Platform欄ではCentOSを選択します
    (6)EndPoints欄では80(http)と22(ssh)を設定します
    (7) I agree to the terms of use.*にチェックを入れます
    (8)PUBLISHボタンをクリックします

以上で完了です。VM DEPOTに登録されるには少しタイムラグがあります。