レイヤとネットワーク機器


レイヤとネットワーク機器

リピータ、ハブ

リピータとハブはレイヤ1で動作する機器です。ケーブル内を流れる信号はケーブルを流れる間に減衰したりノイズが入ったりします。これを増幅・整形するのがリピータやハブの機能です。

※ハブではあるポートから入力された信号は他のすべてのポートに出力されます。この動作をフラッディングといいます。

ブリッヂ、スイッチ

ブリッヂとスイッチは、レイヤ2で動作する機器です。フレームヘッダの中の宛先MACアドレス情報を見て、宛先の機器が存在するポートにだけフレームを転送します。
ブリッヂがソフトウェエで処理を行うのに対して、スイッチはハードウェアを使用するため高速に処理ができます。

ルータ、レイヤ3スイッチ

ルータをレイヤ3スイッチはレイヤ3で動作する機器です。信号をパケットとして認識し、パケットヘッダの情報を見て処理を行います。
※宛先のIPアドレス情報を見て出力するポートを決定します。

コリジョンドメインとブロードキャストドメイン

コリジョンドメイン

コリジョンドメインとはコリジョンが発生する可能性がある範囲のことです。ハブで接続されたネットワークでは複数のホストがメディアを共有しており、同時にデータを送信するとコリジョンが発生します。したがってハブで接続された範囲全体が1つのコリジョンドメインとなります。

スイッチはほすとから送信されたデータをメモリのバッファに保存して順番に処理を行うことができます。そのためスイッチとホストが1対1接続になっています。

ブロードキャストドメイン

ブロードキャストドメインとはブロードキャスト(一斉通知)が到達する範囲のことです。ブロードキャストドメインはルータによって分割される(ルータを超えない)範囲になります。